人気急上昇の神楽坂エリア!東京大神宮と赤城神社でレトロな街並みを歩こう

神楽坂というと、老舗の料亭などが立ち並び、レトロな雰囲気が今なお残っているエリアです。しかし、近年では再開発が進み、メディアでも取り上げられ週末ともなるとたくさんの若者でにぎわいを見せています。

かつては花街として栄え、一歩大きな通りを離れると情緒あふれる小路がたくさんあります。そんな雰囲気を味わいながら神楽坂エリアで巡りたい、東京大神宮と赤城神社をご紹介します。

 

東京のお伊勢さま 東京大神宮

直美さん(@na0mi721)がシェアした投稿

ゆるゆる過ごして楽しかったな🤤🍡🍨📖 #東京大神宮#恋みくじ#パフェ#ボンボン

平山 静香さん(@zukka.s)がシェアした投稿 –


飯田橋駅より徒歩5分ほどの場所にある東京大神宮。ビルが立ち並ぶオフィス街に突如現れるので、驚かれる人も多いです。「東京のお伊勢様」と呼ばれ、古くから縁結びの神社として知られています。近年では「パワースポット」として、若者からも人気を集めているんですよ。

伊勢神宮と同じ天照皇大神(あまてらすめおおみかみ)と豊受大神(とようけのおおかみ)、倭比賣命(やまとひめのみこと)が祭られている由緒ある東京大神宮。それだけではなく「造化の三神(ぞうかのさんしん)」と呼ばれる「むすび」の神様が祭られていることから、縁結び・恋のパワースポットとして知られています。

週末には、参拝者におまんじゅうやわらびもちなどのお菓子やお茶が振る舞われ、冬には赤福が楽しめることも。季節によって振る舞い菓子は変わるので、四季の移ろいを感じながら何度も訪れたくなります。

有名な建築家が設計した近代的な神社 赤城神社

真優さん(@mare.eesyadaaaa)がシェアした投稿

ようこさん(@ayahide65)がシェアした投稿


東京大神宮と合わせて参拝してほしいのが、赤城神社です。こちらも女性に人気のパワースポットで、東京大神宮からは徒歩15分ほどの場所にあります。

赤城神社は、和をモチーフにした建築で知られる建築家・隈研吾が設計しています。神社には珍しい近代的なつくりで、ガラスを使用しているため開放的な印象です。

女性の願い事をかなえている女神が祭られていることから、女性に人気があります。また、学問芸術の神様をまつっていることから、芸能関係者がヒット祈願に来たり、そのファンの方なども参拝に来ることも多いです。

リーズナブルにお寿司を食べ放題 神楽坂すしアカデミー

もうすんさん(@moshin0527)がシェアした投稿

My another stomachさん(@anothersto)がシェアした投稿


飯田橋駅、神楽坂駅から徒歩5分ほどの場所にあるすし店です。周囲は高級料亭などもある、大人の雰囲気漂うエリアです。

神楽坂すしアカデミーは、その名の通り、寿司の握り方を教える「すしアカデミー」が運営しているお店です。すしアカデミーの卒業生や関係者が寿司を握っているということで、高級な雰囲気がただよう神楽坂エリアにありながらも、リーズナブルな価格でお寿司を食べられます。

さまざまな種類のお寿司をはじめ、茶わん蒸しや揚げ物、デザートなどの料理が食べ放題なので、常に人気のお店です。清潔感もあり、テーブルも広くゆったりとしているので、とても食べ放題のお店とは思えない雰囲気です。

猫がいる古民家カフェ マンヂウカフェ ムギマル2

A達さん(@38bee0530)がシェアした投稿

thousand*loveさん(@thousand.love.love.love)がシェアした投稿


神楽坂の大通りから少し離れた路地裏にある、古民家を改装したカフェです。外壁はツタで覆われていて、メルヘンチックな雰囲気。一見すると民家と間違え見逃してしまうかもしれないので、気を付けてください。店内は座敷があり、リラックスできる雰囲気です。お店には看板ねこもいて、猫好きも訪れるカフェです。

その名の通り、カフェでは珍しいおまんじゅうがメインのお店です。粒あんやよもぎなどのさまざまなおまんじゅうを提供しています。蒸したてのおまんじゅうは、ふかふか食感で、いくつも食べたくなります。神楽坂エリアの散策を楽しんだあと、ほっと一息つくのにぴったりの場所です。おまんじゅうだけでなく、ソフトドリンク、夜にはビールやワインも提供しています。カフェの中では、いろいろなアーティストのライブや、ギャラリーもやっています。

アバター
clickclack

東京都内の観光エリア・注目スポット・おすすめのグルメ情報をご紹介しています。

No Comments Yet

Comments are closed