東京駅周辺を巡ろう 丸の内ブリックスクエアとGRANSTA MARUNOUCHI

東京駅周辺は、日本を代表する観光スポットです。最先端の流行が集まり、常に新しい文化が発信されています。東京には観光スポットが非常に多く、一日で回るには大変ですが、今回は駅に近くふらりと寄ることのできるスポットをご紹介します。新幹線の時間まで余裕があったり、待ち合わせまで時間があるといったときにもおすすめです。

駅近のショッピングにおすすめ 丸の内ブリックスクエア

ぴろり🐼さん(@pirori9216)がシェアした投稿

noisett*さん(@noisett.322)がシェアした投稿

2009年に開業した丸の内ブリックスクエア。丸の内ブリックスクエアは東京駅と有楽町駅を結ぶ丸の内仲通りの中間点にあります。B1F~3Fには計35の飲食・物販店舗があり、ショッピングやお土産選びに最適です。グルメも充実していて、日本初出店のレストランなど、さまざまなお店が軒を連ねています。

隣接した「一号館広場」には、、数十種類のバラをはじめ、さまざまな草木や噴水、オープンカフェがあり、一息つきたいときにもおすすめです。また、「三菱一号館」を赤レンガづくりや当時の内装まで忠実に再現した「三菱一号館美術館」などがあり、周囲も見どころはたくさんあります。

新幹線に乗るならぜひ立ち寄りたい GRANSTA MARUNOUCHI

@naminami1110がシェアした投稿

東京駅地下1階のの改札内に広がる最大のショッピングスポットです。壮大で(Grand)、旅の始まり(Start)にうってつけな駅中(Station)が名前の由来で、店内で作られたお弁当やお惣菜、スイーツにお土産までさまざまなお店が揃います。手荷物を預けられるクロークも完備されているので、旅行の途中に立ち寄るのにもおすすめです。

2017年にフロアが拡大され、東京駅限定商品の文房具や雑貨、お土産などを購入できるお店が増えました。ここでしか買えない限定品も数多くあるので、東京土産を何にしようか悩んでいる人はぜひ立ち寄ってみてください。日本らしい和をモチーフにしたものや、和食も多く取り揃えられているので、外国人観光客にも人気の場所です。

蕎麦がメインのおしゃれなダイニングバー 酢重正之 楽

Akari Sanoさん(@akarisano)がシェアした投稿

Delicious Smilesさん(@delicious_smiles)がシェアした投稿

信州の味噌醤油屋・酢重正之商店が手掛けるダイニングバー。昼は気軽に食べられる蕎麦屋として、夜はおそばとおつまみがいただけるダイニングバーになります。酢重正之商店が手掛ける味噌や醤油などの販売スペースもあり、お土産に購入することもできます。

新丸ビル地下1階にあり、調味料を作っているお店だけあって素材を活かした丁寧な味付けが楽しめます。人気メニューは肉野菜味玉そばで、具材がたっぷり入ったそばランチはサラリーマンやOLに人気です。

そばは食べ応えのある「田舎太打ちそば」で、こしがありボリューム感もあります。信州の地酒も充実していて、夜には蕎麦とおつまみがセットになった晩酌セットも人気です。

ミートソースの専門店 丸の内スパゲッチー

j.suzukingさん(@j.suzuking)がシェアした投稿

おおたあかりさん(@akari_instgrm)がシェアした投稿


丸の内にある、ミートソーススパゲティの専門店です。昔懐かしい庶民的な雰囲気を出したいと「スパゲッチー」という店名にしたそうです。カウンター席だけの小さなお店ですが、ミートソースを作っているところを間近に見ることができます。

綿の量をS・M・Lの3種類から選べます。通常で300gというボリューム感のあるスパゲティですが、200g~600gまで100g単位で選ぶことができます。ソースはミートソースのほかに、ミートクリーム、ミートカリーの3種類があります。トッピングは12種類あり、目玉焼きなどの玉子や、ホウレン草やなすなどの野菜、そしてコロッケやウインナーなどのボリューミーなものまでさまざま。ミートソースも飽きがこず、くどくないのでぺろりと食べられます。

clickclack

東京都内の観光エリア・注目スポット・おすすめのグルメ情報をご紹介しています。

No Comments Yet

Comments are closed